大網歯科医院 スタッフ紹介

大網歯科医院 院長 金田 勇輝

この度、大網歯科院長を拝命いたしました金田勇輝です。
この数年は訪問診療部の責任者として、訪問診療に携わってまいりました。 主に高齢の患者様の治療を行う中で、「生きる」ということと「食べる」ということの結びつきの深さを実感いたしました。「食べる」ことができるようになり体の健康が増進され、生活の質もよくなったという患者様を多く拝見しました。
この経験を糧に、これからは地域の皆様へとよりよい医療を提供できるようスタッフ一同努めてまいります。

大網歯科医院 歯科医師 米山 瞬輔

今年度から大網歯科医院で、勤務及び研修管理責任者を務める、米山 瞬輔(よねやま しゅんすけ)と申します。
私が治療の中で1番に考えていることは、治療も重要ですが患者様とのコミュニケーションを通じた原因の模索です。 なぜなら、「どんな流れ・生活を送って現在の状態」に至ってしまったかを解明しない限り、治療したのにまた虫歯になってしまうことが多いからです。
また、患者様は見た目や痛みをきっかけに来院される方が多いため、なるべく痛みを最小限に抑え、見た目や機能を回復することに注力しています。 患者様、3世代、4世代、妊婦の方からご高齢の方まで、そのライフステージに合わせたご説明、治療をプランニングさせていただきます。
ご来院された際は、お気軽にお訊ねください。

大網歯科医院 歯科医師 井口 達也

様々な理由から通院が困難となる患者様が多くなるなかで、少しでもお口が健康であり、会話や食事を楽しめるようサポートしていきたいと考えています。

専門は、摂食嚥下リハビリテーションです。

所属学会

東京歯科大学 非常勤講師
社会福祉法人春陽会 嚥下担当医
日本老年歯科医学会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会
認知症ケア学会

資格等

歯学博士
日本老年歯科医学会 認定医 専門医
摂食機能療法専門歯科医師
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
ドライマウス認定医
臨床研修指導医
認知ケア専門士

大網歯科医院 歯科医師 三上 久里子

“食べることは生きる力”

人は栄養を摂らないと生きていけません。口は栄養の取り込みの入り口です。食べることができるということは、身体を維持・向上できるということです。

また、食べ物を咀嚼すると脳の血流が増えることが最近の大学の研究で明らかになりました。良く噛むことが認知症の予防になるのではないかとさらに研究が進められています。

当院は歯科医師、衛生士、看護師、管理栄養士でチームを組み、患者さんの生活をサポートするために訪問診療を行っています。

医療的ケア児のお宅にも伺い、口腔衛生管理・摂食嚥下指導を行なっています。

ご相談をお待ちしています。

所属学会

日本摂食嚥下リハビリテーション学会
千葉県小児歯科医会

資格等

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

大網歯科医院 矯正専門医 斉藤 政治

基本的に子供の矯正は第一期、第二期治療というように顎の治療と本当の歯列の矯正と二つに分けることが多いです。
では成人矯正はどうでしょうか?
矯正治療の目的としてまず第一に歯がしっかり噛んで将来的に長持ちすることです。
次に口元含め審美的なことが考慮されるべき目的ではないでしょうか。
治療法は本医院で歯を抜かないで治療できるかをまず先に考えます。
非抜歯治療が優先順位のはじめに来ますが、個々に歯並びや状態が異なりますので歯を抜いたほうがいい場合もあります。
その場合は双方のプランを提示いたします。私達はその患者様に適したプランを何通りか設計いたします。
その時にはそのプランのメリット、デメリットを詳しくお伝えいたします。
最終的にはそのどちらのプランを選ぶかは患者様の意見が反映されます。
笑顔って一生涯の宝物です。

資格等

日本矯正歯科学会認定医

大網歯科医院 メディカルケアワーカー 岩間

「病気をしたり、体調を崩してしまい今までのように歯科医院に通えなくなってしまった。」「認知症になって、治療中に大声を出してしまうのではないか心配。」…様々な理由で歯科にかかることをためらったり諦めてしまっている方が安心して希望の歯科治療を受けられるよう、メディカルケアワーカーとして訪問歯科診療に同行しております。
人生を締めくくる最期の時まで患者さんやそのご家族の気持ち・ご希望に寄り添っていけるようサポートを行っていきたいと考えております。

資格等

介護支援専門員
介護福祉士